矯正歯科のよくある質問│名古屋市のインビザライン(マウスピース矯正)なら、藤が丘駅1分の名古屋イースト歯科・矯正歯科

平日完全予約制

052-715-3396 土日診療あり 9:00~13:00/14:00~17:00
LINE相談予約 無料カウンセリング予約
FAQ

矯正歯科のよくある質問

Faq 矯正治療に関わる
ご質問にお答えします

名古屋イースト歯科・矯正歯科に多く寄せられる矯正歯科のご質問にQ&A 形式でお答えしています。
こちらに記載のない疑問・質問がありましたら、お気軽にお電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

インビザライン(マウスピース矯正)をすると、歯が動くのはなぜですか?

「矯正歯科」と聞いて多くの方がイメージするのは、金属のワイヤーを使った装置だと思います。そのため、プラスチック製のマウスピースで矯正治療できるのが不思議に思われるのではないでしょうか。
インビザラインによる治療は、コンピューターによって事前にシミュレーションをし、それに沿って噛み合わせを整えます。マウスピースは持続的に力を加え、シミュレーションで設定した位置へ移動させます。このように、インビザラインはより正確にコントロールされた治療なので、ご安心ください。

歯並びが悪すぎると、インビザラインで治療できないこともありますか?

ワイヤー矯正やインビザラインなどにはそれぞれ効果を得られやすい症例と苦手とする症例があります。インビザラインにも効果を上げにくい歯並びがありますが、それでもほかの装置と組み合わせることで治療できる場合があります。ただし、ほかの矯正治療との併用には、インビザラインに関する学識や経験が必要です。当院にはインビザラインの担当医がおりますので、じっくりご相談いただけます。

治療期間はどれくらいですか?

インビザラインは、コンピューターによってシミュレーションを作ることからはじめ、それに沿って治療計画を立てます。そのため、無駄なく歯を動かせます。インビザラインの治療時間は、患者さまによって異なりますが1~3年くらいを見込んでいただくとよいでしょう。

インビザラインの価格はいくらくらいですか? 高いのでしょうか。

インビザラインは新しい技術なので高いイメージがあるかもしれませんが、価格は一般的な矯正歯科とそれほど変わりません。
当院では、インビザラインに特化して矯正歯科をご提供しています。経済的な負担に配慮しながらも、インビザラインに精通した医師がしっかり治療に取り組むことをモットーとしています。

矯正治療では抜歯しなければなりませんか?

当院では、できるだけ歯を抜かない治療計画を立てています。しかし、症例によっては抜歯をして歯並びを改善するためのスペースを作ることが必要になる場合もあります。もし抜歯が必要と判断したら、患者さまに詳しく説明をしてご理解をいただいたうえで実施しています。

インビザラインは1日にどれくらい装着しますか?

基本的には食事と歯磨きのとき以外はずっと装着していただきます。1日20時間以上は装着が必要です。

インビザラインのお手入れ方法について教えてください。

マウスピースを外し、お水で洗い流してください。ただし、40℃を超えるようなお湯は、マウスピースが変形する原因となるので避けてください。当院では、衛生的に洗浄できる方法としてタブレットのリテーナー洗浄剤をおすすめしています。

インビザラインはどの歯科医院で受けても同じ結果になりますか?

インビザラインはコンピューターによってシミュレーションを設定する治療方法ではありますが、治療においてはインビザライン特有の知識と技術が必要になります。また、インビザライン単独ではなくほかの矯正装置を併用するケースもあり、こうした場合も精通した歯科医師でなければ理想的な治療結果につながりません。名古屋イースト歯科・矯正歯科では、インビザラインに特化した診療を開始してから、これまでさまざまな治療を実施してきました。多様な症例に対応できるよう、研鑽を積んでいます。

子供でもインビザラインで治療できますか?

これまでは、歯が生え変わる時期の子供に適用できませんでしたが、現在は永久歯が生え揃っていないケースでも使用できる「インビザライン・ファースト」が開発され、本格的な矯正治療を受けられるようになりました。関心がある方はぜひご相談ください。

矯正治療を受けても、歯が元の位置に戻ってしまうと聞きました。

どのような治療方法であっても、動かした歯は必ず元の位置に戻ろうとします(後戻り)。それを防ぐために、歯並びを整えた後はリテーナーというお口にはめる装置で戻らないようにする保定期間を設けています。インビザラインの場合も保定期間があり、しばらくは後戻りしていないか定期的に確認するために通院していただきます。

ワイヤー矯正とインビザラインの、歯の動き方の違いについて教えてください。

ワイヤー矯正では、動かしたい歯に隣接する歯に大きな負担がかかります。インビザラインの場合は複数のマウスピースを取り替えながら少しずつ動かしていくので無駄がないうえ、マウスピースが歯全体を包んで負荷を分散するため、特定の歯だけにダメージを与えるということもありません。

インビザラインを装着したまま食事をしても大丈夫ですか?

食事の際は取り外してください。装置を取り外すことで、いつもと同じように食事をお楽しみいただけます。また、歯磨きのときにも同様にマウスピースを外せるので、お口の中をきれいに保てます。

インビザラインをつけると発音が悪くなりませんか?

はじめのうちは発音しにくく感じるかもしれませんが、多くの方は数日で慣れて問題なく話せるようになります。

インビザラインでも、やはり痛みはありますか?

痛みがまったくないわけではありませんが、一度に強い負荷がかからないため、ワイヤー矯正に比べて痛みは軽減されます。はじめの3日間は違和感や痛みを感じるかもしれないものの、細かくステージを分けて持続的に弱い力をかけるので、違和感に慣れてきます。
また、インビザラインは丸みのあるプラスチックでできており、ワイヤー矯正のように装置でお口の中が傷つくような心配はありません。

保定期間はどれくらいの長さになりますか?

矯正後に歯の後戻りを防ぐ保定期間中は、リテーナーとよばれる装置を半年から1年ほど装着していただきます。歯がある程度安定してきたら寝るときだけ装着するなど、徐々に装着時間を減らします。終盤は週1日だけの装着になります。

インビザラインをつけたまま喫煙しても問題ありませんか?

なるべく避けてください。ヤニによってインビザラインが変色するだけでなく、歯そのものにも着色してしまうおそれがあります。

インビザラインを紛失した場合、どのような対応が必要ですか?

インビザラインではシミュレーションに基づいて、治療開始から最終までに使用するマウスピースをはじめにすべて作製します。もし歯が十分に動いていない状態でマウスピースをなくすと、次の段階に進めず治療計画にズレが生じてしまうのでご注意ください。マウスピースは再発注できるので、紛失に気づいたらすぐにご連絡ください。

インビザラインは保険診療で受けられますか?

インビザラインに保険は適用されず、自費診療となります。ただし、医療費控除の対象にはなるので、確定申告によって患者さまの負担が軽減します。

インビザラインは装着しても目立たないそうですが、絶対に気づかれませんか?

インビザラインの厚さは0.5mm以下で、しかも透明な素材から作られています。インビザラインで治療を受けたほとんどの患者さまから「自分からマウスピースをつけていると言わない限り気づかれなかった」という声をいただいています。そのため、今ではインビザラインで治療を行なう方が増えています。

抜歯が必要だからインビザライン治療はできないと言われました。

当院に在籍している歯科医師は、インビザラインが日本に導入された当初から治療に従事しています。インビザラインでの治療経験と知識をもとに、本当に抜歯が必要なのかどうかも含め再診断します。お気軽にご相談ください。

口の中に差し歯やブリッジがありますが、インビザラインで矯正できますか?

差し歯やブリッジがあるという方でも、インビザラインで治療が可能です。お口の状態によっては、人工歯の噛み合わせを調整して歯並びをきれいにできる場合もあります。

歯が1本だけ出ています。気になる部分だけを矯正できますか?

インビザラインは、軽度のデコボコや出っ歯も治療可能です。患者さまのお口全体の状態を見て、治療計画をご提案します。

仕事が忙しいので定期的に通院するのが難しいのですが…。

通常であれば1ヵ月半から2ヵ月に1度の通院をお願いしています。定期的な通院ができない患者さまには、マウスピースをある程度のステップまでまとめてお渡ししています。装着時間などをしっかり守らなければなりませんが、治療を無理なく継続するには良い方法でもあります。

1週間ほど旅行に行くので、その間はマウスピースを外したいと思っています。

インビザラインでは、原則として装置を1日20時間以上つけていただきます。1週間もの間装置を外してしまうと、歯が元に戻るだけでなく、違う方向に歯が動いて残りのマウスピースがはまらなくなる可能性があります。旅行であっても、食事や歯磨きのとき以外は装着していただきたいと思います。

無料カウンセリング LINEで気軽に相談予約
052-715-3396 平日完全予約制、土日診療あり
9:00~13:00/14:00~17:00