矯正治療期間中に気をつけること│名古屋市のインビザライン(マウスピース矯正)なら、藤が丘駅1分の名古屋イースト歯科・矯正歯科

平日完全予約制

052-715-3396 土日診療あり 9:00~13:00/14:00~17:00
LINE相談予約 無料カウンセリング予約
Caution

矯正期間中に気をつけること

Careful インビザライン治療中に
気をつけていただきたいこと

インビザライン(マウスピース矯正)治療中に気をつけていただきたいこと

インビザラインは「装置を取り外しできる」「ご自身で装置を取り替えながら治療を進める」など、ワイヤー矯正にはないさまざまな特徴があります。しかし、そのメリットゆえに注意が必要なケースがあるほか、症例によってはインビザラインで対応できないこともあります。自己管理が重要になるインビザラインですが、使用方法を守っていただければ計画どおりに歯を動かせます。インビザラインが気になるという方は、下記のような注意点も参考にご検討ください。

1日20時間以上は装着すること1日20時間以上は装着すること

インビザラインは通常のワイヤー矯正とは異なり、装置の取り外しが可能という特徴があります。しかし、1日に20時間以上はつけていないと計画どおりに歯を動かせないだけでなく、もとの歯並びに戻ってしまい治療期間が長くなる可能性があります。そのため、取り外しても忘れずすぐに装着することが重要です。基本的には、食事のときや歯磨きのとき、そして喫煙のとき以外はインビザラインをつけていただきます。

しっかり歯を磨いた状態で装着することしっかり歯を磨いた状態で装着すること

インビザラインを外して食事をした後は、必ず歯を磨いてから装着してください。とくに就寝中は唾液が減るため、就寝前にはしっかり歯を磨いてから装着しないと虫歯や歯槽膿漏などの原因となります。もし、治療が必要になるほど虫歯などが悪化したら一度矯正治療をストップし、治療をしてから再開する必要があります。このときに歯並びが戻ってしまった場合は、治療期間を延長することになります。

紛失しないこと紛失しないこと

インビザラインの場合、複数枚のマウスピースを取り替えて装着し、少しずつ歯を動かしていきます。治療を開始した時点ですべてのマウスピースを作製しますが、途中で紛失してしまうと再び作製することになります。作製している間はマウスピースをつけられなくなり、歯が元に戻ってしまう可能性があります。治療期間を延長しないためにも、絶対に紛失しないように気をつけてください。

40度以上のお湯につけないこと40度以上のお湯につけないこと

インビザラインはプラスチック素材のため、温かいお湯につけてしまうと変形するおそれがあります。変形してしまうと矯正できなくなるため、作り直しとなります。インビザラインの作製までに歯並びが変わってしまうと、治療期間の延長につながるので注意しましょう。

Treatment period インビザラインによる
矯正治療期間について

インビザライン(マウスピース矯正)による矯正治療期間について

矯正歯科は治療期間が長いイメージをもたれており、それを理由に治療に踏み出せないという声も耳にします。また、治療期間中のお口の見栄えや生活のしづらさ、それに通院の負担などを考えると、できれば短い時間で済ませたいという方もいらっしゃいます。
患者さまに矯正治療を始める参考としていただくため、矯正期間の目安や、人によって治療期間に違いが生まれる理由、そして矯正の期間中に気をつけるべきことなどをお伝えします。

矯正治療期間が長くかかる理由

矯正治療期間が長くかかる理由

矯正歯科は年単位で治療が続くというイメージをおもちの方も多いのではないでしょうか。実際の治療期間は患者さまの歯並びによって異なるものの、インビザラインの場合は1~3年ほどが目安となります。 患者さまとしてはできるだけ短期間で終わらせたいと思うのも当然ですが、矯正歯科では「歯根や骨に過度な負担をかけない」「美しい歯並びにする」「元の歯並びに戻らない」という3点をすべて実現するためには、治療期間を短縮できないと考えています。
歯は1ヵ月で1mmほどしか動かせないため、もし早めようとすると歯根や骨に余計な負担をかけてしまいます。仮に矯正治療の期間を短くできたとしても、そのときのダメージが後から出てくる可能性が考えられます。
美しく健康的な歯並びにしたいからこそ、治療のスピードだけにとらわれず、長期的に歯の健康を考える歯科医院を選ぶことが大切です。

矯正の期間が早く終わる人、治療期間が長い人の違い

矯正の期間が早く終わる人、治療期間が長い人の違い

患者さまの歯並びによって、治療にかかる時間は異なります。例えば、歯並びが少しデコボコしているという程度の矯正であれば、1年ほどで終了する可能性があります。しかし、歯の真後ろにもう1本の歯が生えている、歯の生え方が横向きになっている、というように大きく歯を移動させる必要がある場合は、3年ほどかかる場合があります。
患者さまの顎の骨と歯の大きさのバランス、歯の生え方、重なり具合、噛み合わせなどによって矯正の難易度が異なります。もし概算でも治療にかかる年数を知りたい方は、名古屋イースト歯科・矯正歯科の無料カウンセリングにお越しください。治療の開始時期や予測される治療方法、治療期間、費用などの概要をお伝えします。
さらに、インビザラインで矯正した後の歯並びのイメージを知りたいという方は、当院の検査の受診をおすすめします。検査では、歯型の作製、お顔やお口の中の写真撮影、レントゲン写真の撮影、口腔内診査などを行ない、患者さまの現在の状態を把握します。その結果をもとに分析やシミュレーションを行ない、矯正治療後のイメージをお見せします。

矯正の期間が早く終わる人、治療期間が長い人の違い

検査や治療のシミュレーションには、3Dスキャナー(iTero)を用いています。患者さまのお口のデータを3Dスキャナーで撮影してアメリカに送り、現地のドクターとテクニシャンがプログラミングしてシミュレーションしています。その結果を三次元画像としてご覧いただけます。
当院では患者さまの目線に立つことを前提として治療に臨んでおり、無料カウンセリングの段階から一人ひとりに合った治療計画を立てています。

無料カウンセリング LINEで気軽に相談予約
052-715-3396 平日完全予約制、土日診療あり
9:00~13:00/14:00~17:00