これから美しい歯並びを手に入れるために矯正をしたいけれど、矯正の期間が長いことを気にして治療に踏み出せていないという方も多いのではないでしょうか。矯正の期間中の見栄えや生活のしづらさ・通院などを考えると、できれば短い治療期間で済ませたいと考える方もいらっしゃるはずです。
そこで、そもそも矯正の期間はどのくらいが目安なのか、短い治療期間で済む人と長くかかる人の違いにはどんなものがあるのか、そして矯正の期間中に気をつけるべきことは何なのかをまとめてご紹介します。
矯正をする前にかかる目安を知っておき、自分の人生設計に矯正治療の期間をうまく組み込むためのヒントにしていただければ幸いです。

矯正治療の期間はどのくらいかかるのか?

矯正治療の期間といえば、年単位でかかるイメージを既にお持ちの方も多いのではないでしょうか。実際にかかる矯正の期間は患者様の歯並びによって異なるものの、インビザライン矯正の場合は、1~3年程の治療期間が必要です。

患者様としては、「できれば短い治療期間で済ませたい」というご要望をお持ちだと思います。しかし、期間の早さをうたっている場合は注意が必要です。なぜなら歯の根や骨に負担をかけない、美しい歯並びにする、元の歯並びに戻らない。この3つすべてを実現しつつ、治療期間を短くする方法などは存在しないからです。

歯は1ヶ月で1mm程度しか動かせないため、もし早めようとすると歯の根や骨に負担をかけてしまいます。仮に矯正治療の期間を短くできたとしても、そのときのダメージが後々出てくる可能性が考えられるでしょう。

患者様は歯の健康を守るため、あるいは美しい歯並びを手に入れるために矯正を始められるわけですから、ダメージを与えずにきちんと矯正できる歯科医院を選ぶことが重要です。治療期間の早さだけにとらわれず、長期的に歯を守ることにつながるかという観点で矯正歯科を選ぶことをおすすめします。

矯正の期間が早く終わる人、治療期間が長い人の違い

先ほどインビザライン矯正治療の期間が1~3年と申し上げたように、患者様の歯並びによって必要な矯正の期間は異なります。例えば、歯並びが少しデコボコしているという程度の矯正であれば、1年間で終了する可能性があります。しかし、歯の真後ろにもう1本の歯が生えている、歯の生え方が横向きというように大きく歯を移動させる必要がある歯並びの場合は、3年程度かかる可能性が高いです。

患者様の顎の骨と歯の大きさのバランス、歯の生え方、重なり具合、噛み合わせなどによって矯正の難易度が変わってきます。そのため、もし概算でもかかる年数を知りたい方は、当院の無料カウンセリングにお越しください。治療の開始時期や予測される治療方法、矯正の期間、費用など矯正歯科治療の大枠をお伝えいたします。

さらにインビザライン矯正終了後のイメージを知りたいという方は、当院の検査受診をおすすめします。検査では、歯型の作成・お顔やお口の中の写真撮影・レントゲン写真の撮影・口腔内診査などを行い、患者様の現在の状態を把握。その結果を基に当院が分析・シミュレーションを行い、患者様ごとの矯正治療後の歯並びイメージを見ていただけます。

これが可能なのは、3Dスキャナー(iTero)を用いているから。患者様のお口のデータを3Dスキャナーで撮ってアメリカに送り、現地のドクターとテクニシャンがプログラミングしてシミュレーションしています。その結果を矯正前・矯正後の3次元画像として、ご覧いただけます。

このように、当院では患者様の目線に立つことを大前提として治療に臨んでいるため、無料カウンセリングの段階から、一人ひとりに合った治療計画を立てています。

矯正の期間中に気をつけること

では、長期に及ぶ矯正治療の期間中に気をつけることをご紹介します。

インビザライン(マウスピース矯正)の場合

・1日20時間以上は装着すること
インビザラインは取り外しができる点が、通常のワイヤー矯正とは異なっています。つまり、取り外したまま忘れないことが重要です。1日に20時間以上はつけていないと、計画通り歯を移動させられないだけでなく、元の歯並びに戻っていってしまう可能性もあります。
最初に立てた治療計画の通りに進まない、矯正治療の期間が延びるなどの悪影響が出ますので注意してください。基本食べるとき、歯磨きのとき、喫煙するとき以外はマウスピースをつけておきましょう。

・しっかり歯を磨いた状態で装着すること
マウスピースを外して食事をした後は、必ず歯を磨いてから装着をしてください。特に就寝中は唾液が減るため、就寝前にはしっかり歯を磨いてから装着するようにしないと虫歯や歯槽膿漏などの原因となります。もし治療が必要になるほど悪化した場合は、一度矯正治療をストップし、虫歯や歯槽膿漏の治療を行ってから再開する必要があります。
こちらも歯並びが戻ってしまった場合は、治療期間の延長が必要です。

・紛失しないこと
マウスピース型の矯正の場合、時期によって異なるマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かしていく形で矯正治療を行います。治療を開始した段階で最後のマウスピースまですべて製作するので、途中で紛失してしまうと治療に空白ができてしまいます。その場合は、別途製作が必要です。
紛失してしまうと製作するまでの期間、マウスピースをつけないことで歯が元に戻っていってしまう可能性もあります。矯正の期間を延長しないためにも、絶対に紛失しないように気をつけてください。

・40度以上のお湯につけないこと
マウスピースはプラスチック素材のため、あたたかいお湯につけてしまうと変形の恐れがあります。変形してしまうともちろん矯正機能がなくなるため、作り直しとなります。作り直す間に歯並びが変わってしまうと、治療期間の延長につながりますので注意しましょう。

ワイヤー矯正(ブラケット)の場合

ワイヤー矯正で、矯正治療の期間に気をつけるべきことをご紹介します。

・矯正器具に食べかすがたまらないようにすること
矯正器具に食べかすが溜まってしまうと、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。ワイヤー矯正はものが挟まりやすい計上のため、ブラッシングがかなり難しくなりますが、毎日の歯磨きをしっかり行って清潔な状態を保つようにしましょう。

・矯正器具の故障を誘発するものをできるだけ食べないこと
マウスピース矯正と同じように、矯正器具の故障があれば装置が出来上がるまで、またその期間に歯並びが戻ってしまった場合は、その分治療期間が長くなってしまいます。
できるだけ矯正器具を壊さない・汚さないように粘着度の高いもの、前歯で噛むもの、固いもの、挟まりやすいもの、つまりやすいもの、着色しやすいものなどを食べないよう心がけましょう。

今回は矯正治療の期間、治療期間の違い、気をつけるべきことをまとめてご紹介しました。技術が高いからといって、矯正にかかる期間を短くできるわけではありません。自分の将来の歯を守るためにも、技術を持った矯正歯科を選び、納得できる矯正治療に取り組んでいただければ嬉しく思います。