大人になってから、親知らずの影響で歯並びが以前より悪くなってしまった、噛み締め癖のせいで歯並びが歪んでしまったなどの悩みを抱える患者様は多くいらっしゃいます。

また、そういった悩みがなくとも、歯並びを美しくしたいという思いや、これからの歯の健康を考えて歯列矯正に興味を持つ方も少なくありません。

実際に歯列矯正を考えたとき、マウスピース矯正とワイヤー矯正どちらがいいのか。悩む方のために、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。自分にあった矯正を選ぶためにも、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

そもそも、マウスピース矯正とワイヤー矯正は何が違う?

マウスピースと聞くと、格闘技などで使うような大きなマウスピースをイメージされる方もいるかもしれません。しかし、矯正に使うマウスピースは装着していることに気づかれないくらい薄型で透明。そのため、至近距離で見てもよくわからないという方も多いです。

「マウスピースで歯列矯正はどうやって行うのか」と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、マウスピース矯正では何十枚ものマウスピースを交換していき、徐々に歯を動かしていくという矯正方法です。

最初に歯列矯正のシミュレーションを立て、それに合わせて少しずつ形の違うマウスピースを作製。一定期間装着して歯が動いたら次のマウスピースに替えるというサイクルを繰り返して、歯並びを矯正していきます。

対してワイヤー矯正は歯の表面にブラケットといわれる小さな器具を接着し、ワイヤーの形や太をさ適宜変えて歯列矯正を行います。基本的にブラケットは矯正が終わる期間まで歯に直接接着しておき、治療ごとに替えるのはワイヤーだけ。ワイヤーの形や太さを調節して引っ張る力の強さや向きを変え、歯並びを矯正します。

マウスピース矯正とワイヤー矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

・目立ちにくい
・取り外しが可能
・ワイヤー矯正よりも痛みを感じにくい
・金属アレルギー患者にも対応可能

マウスピース矯正のメリットは何といっても目立ちにくいこと。大人になってからワイヤーでの歯列矯正を始めると見た目の違いが大きく、仕事・恋愛・日常生活においても人の目が気になってしまうという心配がある方も多いです。その点、透明で目立ちにくいマウスピース矯正であれば、人の目を気にすることなく歯並びを矯正できます。

また、2つ目の取り外しが可能という点を便利に感じる方も多いです。他の方と食事に行ったとき、ワイヤー矯正だと食べ物が矯正器具に挟まりやすいため、気になってしまって楽しめないということもあります。しかし、マウスピース矯正であれば取り外せるので、違和感なくお食事を楽しめます。

また、ワイヤー矯正に比べて痛みを感じにくいという意見も、患者様からよくお聞きする特徴です。ワイヤー矯正はブラケットをワイヤーで引っ張って矯正するため、歯を大きく動かせるというメリットがあります。しかし、力その分痛みが強く出やすいというデメリットがあります。

ワイヤー矯正のメリット

・矯正で対応できる範囲が広い
・歯を大きく移動させることができる

ワイヤー矯正のメリットは、いわゆる乱ぐい歯・八重歯・不正咬合(出っ歯・受け口・すきっ歯)などの度合いが強い場合でも対応ができる点です。

2つ目の歯を大きく移動させるというメリットにもつながりますが、難易度の高い歯列矯正であってもワイヤーの調節具合を変えれば思い通りの方向に歯を動かして美しい歯並びを実現できます。

マウスピース矯正とワイヤー矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリット

・装着時間を確保しないと治療の遅れや効果に影響が出る
・矯正対応できる範囲がワイヤー矯正に比べると狭い

取り外しができるため、装着時間は自分で管理する必要があります。食事をするとき以外は装着しておくのがマウスピース矯正の基本です。装着時間が短くなるとシミュレーション通りに歯並びが矯正されず、治療計画の遅れが出る可能性があります。

もう一つのデメリットとして、ワイヤー矯正ほど広い範囲の歯列矯正に対応していないという点が挙げられます。多くの歯列矯正はワイヤー矯正と同等の期間で終わりますが、不正咬合の度合いが強い場合はワイヤー矯正のほうが短い期間で歯並びを治療できる可能性が高いです。

矯正の適応範囲に関しては当院の見解において、それほど差はないという見解です。もちろんワイヤーなどの補助装置を使用しないといけないとマウスピース矯正の開始の際に説明する患者さんもいますが、逆にワイヤーよりもマウスピース矯正の方が動かしやすい(早く完了できる症例)もあります。矯正治療はケースバイケースですので、一概にワイヤーの方が矯正治療できる範囲が広いというのは「ワイヤー矯正治療を専門に行っていて、マウスピース矯正の経験値の低い矯正歯科」の「言い分」になってしまいます。

ワイヤー矯正のデメリット

・目立ちやすい
・矯正器具に食べ物が挟まりやすい
・ワイヤーが外れるなどのトラブルの際、自分で対応できないため、歯科医院に急ぎで行く必要がある
・歯磨きがしづらく、うまくケアできないと虫歯や歯周病のリスクが上がる
・マウスピース矯正よりも痛みを感じやすい
※当院調べ
※痛みの感じ方には個人差があります。

ワイヤー矯正のデメリットは、目立ちやすいことです。矯正は子供のうちに済ませている方が多く、成人してからは絶対数が減ります。そのため、大人になってからワイヤー矯正をすると非常に目立ちやすいというデメリットがあるでしょう。

また、食べ物が挟まりやすい、トラブルの際は自分で処置できない、歯磨きしづらい、痛みを感じやすいなどのデメリットもあります。特に食べ物が挟まりやすい、歯磨きしづらいというデメリットは虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうので、毎日のケアを丁寧に行う必要があります。

歯並びを美しくしたいという思いはどの患者様も一緒ですが、自分に合った方法は年齢や生活習慣によって異なります。自分は何を重視して矯正をしたいのか、よく検討した上で矯正方法を選ばれることをおすすめします。