こんにちは。名古屋イースト歯科・矯正歯科院長の藤田幸子と申します。
長期間の治療を要する矯正治療を考えている方の中には、「安心して治療を受けられる矯正歯科や歯科矯正クリニックはどう探せばいいのか」「たくさんある中から、良い医院を選ぶにはどうしたらいいのか」と、選び方に困っている方も多いのではないでしょうか。
実際歯医者の数はコンビニよりも多く、令和3年3月時点で6万8000強の歯科診療所が存在します(コンビニの店舗数は5万7000店前後)。
出典:厚生労働省ホームページ 「医療施設動態調査(令和3年3月末概数)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m21/is2103.html

これだけ多い歯科医院の中から、どんな選び方で選択していけばいいのか。この記事では、矯正歯科の選び方を解説いたします。これから、安心して治療を受けたいと考えている皆様の参考になれば幸いです。

歯科矯正をする目的の種類をご紹介

まず、当院に来られる患者様が何を目的に歯科矯正をされているかという例を、ご紹介しましょう。歯科矯正をされる理由は、審美・機能・管理の3つに分かれています。

審美

出っ歯・受け口・すきっ歯・八重歯・乱ぐい歯などで他の人の目が気になる、美しい歯並びにしたいという理由。

機能

噛み合わせが悪く顎に負担がかかる・喰いしばりで歯が痛い・発音がしにくい・咀嚼がしにくい・隙間から息や唾がもれるなど、本来あるべき機能を改善したいという理由。

管理

歯が重なっていて歯ブラシやフロスでもうまく磨けない・歯垢や歯石が溜まりやすい・虫歯や口臭が気になる、歯を長持ちさせたいなどの理由。

このような理由で矯正歯科を訪れ、治療をされる方が多いです。

歯科矯正前の不安や懸念ポイントとは?

実際歯科矯正を考えている方が不安・懸念を抱くポイントとしては、下記のようなものがあります。

・いくらかかるのか
・どの程度の期間がかかるのか
・痛みはどのくらいあるのか
・食事などの制限はあるのか
・矯正をすることの弊害はあるか
・矯正によって日常のケアにどのくらいの負荷が増えるのか
・矯正終了後、元に戻らないか
・矯正治療終了後のイメージができない

金額・期間について

いくらかかるのか・どの程度の期間がかかるのかについては、矯正の程度や選ぶ矯正装置によっても異なるためかなり開きがありますが、30万から150万円程度。歯科矯正は保険適用にならない自由診療であるため、従来の歯科治療に比べて高額な費用がかかります。
当院では初回のカウンセリング時に、矯正治療にかかる金額を明細書を使って説明し、治療費を明瞭にすることで安心して通院していただけるよう心がけております。

期間は1.5年~3年程度が一般的。これも矯正の程度や装置によって大きく差が出ます。長い期間を要する理由としては、生えている歯の根や骨にダメージを与えずに移動をさせるため。歯を1mm移動させるのに、1か月程度の期間をかけて無理なく移動させています。

痛みについて

痛みについては治療を進めるうちに慣れて気にならなくなる方も多いのですが、最初は多少の痛みが伴いますが当院では痛みを感じることを少なくできるよう様々な工夫をしております。我慢せずに相談することをおすすめします。

食事などの制限について

日常的に大きな制限はありませんが、ワイヤーの装置などは固い食べ物や歯にくっつきやすく装置が壊れる可能性もあります、当院ではお食事の取り外し可能なマウスピース型の装置を推奨しているため日常のお食事など治療中もストレスなくお使いいただけます。

矯正の弊害・日常のケアについて

器具に慣れるまで違和感がある・食べづらい・話しづらいということもありますが、数週間程度で徐々に慣れていきます。

こちらも従来のワイヤーの矯正治療ですと日常のケアとしては矯正器具に食べカスがつきやすくなるため、きちんとブラッシングをしていないと虫歯などになる可能性は上がります。ただ当院では先述の通り当院では取り外し可能なマウスピース型の装置を推奨しているため、ブラッシングなどもしやすく、虫歯や歯周病などのリスクも下がります。さらに当院では通院いただいたタイミングで虫歯の有無、歯垢のたまり具合などをチェックし、ブラッシングが足りていない場合は指導を行い、きれいな歯を保てるようお伝えしています。歯が本来の位置に戻れば、見た目はもちろん発音・咀嚼・歯磨きのしやすさなど機能面も改善しますし、正しく咀嚼できるようになることで、歯を長く健康的に保つことにも役立ちます。

矯正終了後の後戻りについて

矯正を終了した後に、元の歯並びに戻ってしまうのではという心配をされる方も多くいらっしゃいますが、基本的には保定装置(リテーナー)を真面目に使っていれば後戻りする心配はほとんどありません。また当院では保定装置使用中も定期的にチェックを推奨しており、保定装置使用中に関するお悩みの相談などもお気軽にしていただけます。さらに治療後一定期間「保証期間」を設けることで、万一の後戻りの際も最初から矯正治療の料金を支払うことなく再矯正治療が可能になります。(※一部費用負担あり)

矯正治療終了後のイメージについて

自身の歯並びから矯正治療終了後どのような歯並びになるかのイメージができず、治療のゴールが見えないと不安に感じる方も多いです。そのため当院では治療計画の説明をとても重要視しており、しっかり時間を取ってご納得いただけるまで説明をしております。
また当院の進める最新のデジタル技術を使ったマウスピース矯正治療では、治療前後の歯並びの変化のイメージをコンピューターの画面上で共有をさせていただいております。これによって、矯正治療終了後の自身の歯並びをより具体的にイメージしていただくことが可能になっております。

安心して治療を受けられる矯正歯科の選び方

では具体的に、矯正歯科をどんな観点で選べばいいのかをご説明します。選び方に迷っている方の参考になれば幸いです。

安心できる選び方のポイント1:担当医制

当院では原則担当医制をとっておりますので、治療の度にドクターが変わることもなく、安心して治療の相談をしていただける環境づくりをこころがけております。
また当院の矯正医は複数所属しております。日本矯正歯科学会の認定医や専門医も所属しています。さらに担当医制ではございますが治療計画は院内で情報共有し1人の患者様の治療計画を複数のドクターでチェックすることで、院内でセカンドオピニオン・サードオピニオンを行い、より精度の高い治療計画をご説明できるよう努めております。

安心できる選び方のポイント2:通いやすさ

矯正治療を行う場合は、装置にもよりますが月に一度程度の通院を数年程度続ける必要があります。

生活スタイルに合わせて、自宅から近い・通勤経路にある・土日も診療している・予約がとりやすいなど、通院しやすい条件が整っているかが重要です。

安心できる選び方のポイント3:自分のタイプに合っているか?

選び方の中で重要になってくるのが、その医院の診療スタイルが自分のタイプに合っているかという点です。

患者様によって、提供してほしい診療スタイルが異なるため、自分はどういった情報が気になるのか、どういった説明があれば安心できるのかを把握しておきましょう。例えば、こんな診療スタイルを希望される患者様がいらっしゃいます。

・治療にかかる金額やスケジュールなど、治療の概要をきちんと把握しておきたい
・治療中に感じた不安に向き合い、きちんと説明をしてほしい
・矯正治療以外にも必要な治療があればいろいろ提案をしてほしい

矯正治療は費用がかかるし、一度はじめたら転院は難しいから、慎重に医院を選びたいという方は、まずは歯のクリーニングなどに訪れ、自分と合うかどうかを確認してみるのがおすすめです。当院では一般保険歯科治療も行っており、歯のクリーニングのみの来院も大歓迎です。より安心できる矯正歯科を選べるのではないでしょうか。

今回は、矯正をする歯科医院の選び方をご紹介しました。健康に生きるために必要な「食べる」を支える大事な歯を診てもらう歯科医院ですから、信頼できるところを選び、安心して通いたいと考える方も多いはずです。

ぜひ自分のタイプに合った矯正歯科を見つけ、今抱えているお口のお悩みが解決することを願っております。