子供の矯正(小児矯正)

不正咬合によってもたらされる障害とは?

子供の不正咬合は疾患や症状の誘因になることがあります。

う蝕、歯周疾患 、発音 、咀嚼機能、能率の低下 、外傷 、歯槽突起や顎の成長発育 、補綴治療の困難化、顎関節の障害、筋肉の行動型への影響 心理的な影響

大事なお子様を守るために矯正治療は早くから行うことをお勧めします。

子供矯正治療は何歳から始めると良いの?

一般的には6~7歳半頃より矯正歯科治療を開始し、子供の歯と大人の歯が混在している状態(混合歯列期)のうちに治療を終える早期治療(early treatment)を行うことが望ましいとされています。

当医院は必要な治療のみ行います。

最小限の介入の原則の下、悪い成長方向が大きいと予測される症例ほど早期に治療を開始することが望ましく、成長の中で改善が予測される症例は早期治療の適応にはなりません。そのため、成長の終了を待って治療することも可能ではありますが、治療が大掛かりになる、将来的に抜歯や外科手術併用となる可能性が高くなる、といった場合のみ早期治療の適応となります。

歯並びの改善は一種の病気の予防と同じです。
予防医学、予防歯科、病気になる前に事前に治療を行うことをお勧めいたします。

お子さんの土台作りの治療

子供の時期であれば顎の大きさそのものを大きくする治療が可能になる。これらを一般的に早期治療(Ⅰ期治療)といいます。
大人になると、抜歯を伴う治療が選択されることが多くなる。
そして、歯を並べることができたが、歯の数は減ってしまうケースが多いのです。

歯を抜かない治療には早期での対応がキモです。

当院からお母様、お父様へ

通常お子さんは、乳歯が生え始めてから11~12年を経て永久歯が生えそろいますが、この間かみ合わせに不正が生じた場合には通常、2期に分けた矯正治療を当院では行います。
子供矯正治療(Ⅰ期治療)は~12歳までの永久歯が生えそろう前までの段階で、将来的に良い咬み合わせが形成されるように発育を誘導する治療です。この時期は旺盛な成長発育があるので比較的単純な装置(土台作り)で顎骨の改善を図ります。これによって将来的な抜歯や手術を伴った矯正治療を回避できる可能性が高まります。

(Ⅰ期治療)を行わないと、成人になってから歯並びがガタガタになってしまい、結局大掛かりな治療や歯にダメージが残ってしまいます。

成人矯正
マルチブランケット
リンガル矯正