矯正歯科治療を専門に行う歯科医が、安心できる矯正歯科治療を提供します。

不正咬合によって疾患や症状の誘因になることがあります。

不正咬合によって疾患や症状の誘因になることがあります。

不正咬合とは

う蝕、歯周疾患、 発音、 咀嚼機能、能率の低下 、外傷、歯槽突起や顎の成長発育 補綴作業の困難化 顎関節の障害、筋肉の行動型への影響 心理的な影響を及ぼします。大人になってから併発する病気は恐ろしいです。具体的にお伝えすると、歯不揃いだったり、上下の顎の歯ならびがお互いにちゃんと噛み合わない状態を、専門的には「不正咬合」これをといい、放っておくとお口の内の様々なトラブルを引き起こす可能性が高いです。

1.見た目が悪くコンプレックス

前歯が出ていたり、歯並びがガタガタのせいで、口を開けて笑うのが恥ずかしい、人の目が気になって話す時につい口元に手を当ててしまうという話をよく聞きます。日常のそうしたことの積み重ねがストレスになり、体調を崩してしまう場合もあります。

2.顎の成長や骨格に影響を及ぼす

顎の骨や顔の筋肉は、きちんと正しく噛むことで発達すると言われています。でも、不正咬合の場合はそれができず、顎が十分に発達できないため、顔が歪んでしまう場合があります。

3.虫歯や歯周病にかかりやすくなります

自分では丁寧に歯磨きをしているつもりでも、歯が重なったり、凸凹に並んでいると、どうしても隅々までキレイに磨くことができず、結果、食べかすや汚れが残ったままになり、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。

4.噛み合わせが悪い、口が切れる

歯並びや噛み合わせが悪いと、食べ物をきちんと正しく咀嚼できません。そのためよく噛まずに飲み込んだり、丸飲みするクセがついてしまうため、消化に良くないだけでなく、胃腸にも絶えず大きな負担をかけることになります。誤って口内を噛んで出血する恐れもあります。

5.発音しにくくなります

噛み合わせの状態によっては、様々な発音障害が生じます。本人は正確に話しているつもりでも、まわりの人には聞き取りにくかったり、誤解されてしまうこともあります。

不正咬合の種類

上顎前突(出っ歯)

上の歯が出ている咬み合せを上顎前突(出っ歯)といいます。歯が出ていると、折れたり唇を切ったりしやすく、見た目もよくありません。

反対咬合(受け口)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(受け口)といいます。受け口のひとは、食べ物がよく咬めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。

開咬

奥を咬んでも前歯が咬み合わずに開いているものを開咬といいます。いつまでも指しゃぶりをしていたり、舌を出す癖があったり、遺伝的な顎の形態などが原因です。開咬は、前歯で食べ物を咬み切ることができないばかりでなく、正しい発音もできません。
癖が原因の場合は、単純な装置だけで治療することもできますので、早目に御相談下さい。

業生ソウセイ(八重歯・乱ぐい歯)

アゴが小さくて、歯が生える場所が足りなくなり、押し合いへしあいして、歯並びがデコボコになるのが乱ぐい歯です。さらに症状がひどくなると、あとから出てくる歯が歯列から外にはみ出し、重なりあって生えて「八重歯」と呼ばれる状態になります。犬歯がはみ出した場合も八重歯です。業生の場合、歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなります。歯が汚れやすいので、ムシ歯や歯槽膿漏の原因になり、健康な歯の寿命を短くしてしまいます。特に八重歯は欧米では「ドラキュラの歯」といわれるように、見た目も悪いものです。

Q.マウスピースを着けたまま飲んだり食べたりできますか?

A.マウスピース矯正の最大のメリットは、取り外しができることです。したがって、飲食の際は取り外して矯正前と同じように食事を楽しむことができます。マウスピースと歯の間に食べ物が挟まってしまうような心配はありません。また、ワイヤー矯正と違って歯磨きもいつも通り行えるので、衛生面、ストレス面にもすぐれています。

正中離開(すきっ歯)

上顎の中切歯(一番前の歯)は、生えてくるときは一時的に開いていますが、側切歯(中切歯のとなりの歯)が生えてくると閉じるのが普通です。しかし、余分な歯(過剰歯)や上唇の内側のひだが大きすぎる時には、開いたままになってしまいます。歯がこの様な状態になると、発音(特にサシスセソ)がしにくくなります。

歯列矯正をすることで健康で笑顔あふれる毎日が始まります。

手遅れになる前に矯正治療は早くから行うことをお勧めします。

当医院ではIOTと今まで培われた矯正技術の融合を果たした新しい矯正スタイルが当院の強みです。

歯について、歯並び、矯正のことならお気軽にご相談下さい。