予防歯科・矯正歯科の考え方を予防歯科先進国のスウェーデンから学ぼう!

「以前までは虫歯ができたら、歯に異常を感じたら歯医者に行く」という認識で、日本にはまったくなかった予防歯科の考え方が最近徐々に根付いてきているのはご存じでしょうか?

寿命が長くなることが予想される現代では、歯の健康を保つことがとても重要になってきています。予防歯科を国家的なプロジェクトとしてスタートし、現在では国民の歯が健康な状態を保てているスウェーデンに学び、予防歯科・矯正歯科の概念を学んでいきましょう。(当医院、イースト矯正歯科でもスウェーデンを参考にして、施術を行っています。)

予防歯科とは一体どういう考え方?

そもそも予防歯科とは一体どういう考え方なのか、そこからご説明していきましょう。先ほどご説明したように、予防歯科は、虫歯ができたら・歯周病になったらなど、何かが起こってから治療するということではありません。

治療自体が必要ないような状態を作る=予防するために歯医者に通って、歯垢・歯石・着色汚れの除去を行うという考え方です。日常的に歯を丁寧に磨いていたとしても、取り切れない歯垢が歯石になり、それが歯周病などに発展していきます。

そうならないように3カ月~半年などの間に定期的に歯医者に通い、歯の清掃などをプロに行ってもらって歯をキレイな状態に保って病気を防ぐというのが予防歯科の考え方なのです。

自費でプロに歯をクリーニングしてもらうことを、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼びます。歯と歯の間にある歯石などを削り取り、歯の表面についた着色を研磨剤で取る、あるいは歯と歯の間・歯と歯茎の間などをフロスでキレイにしていくということを行う施術です。

この考え方を身につけておけばこのようなメリットを得ることができます。

1.歯を常にキレイな状態に保てる

日常的に取り切れない歯の汚れを定期的にクリーニングしていることで、常にキレイな歯を保つことが可能になります。

2.予防歯科に必要な知識を身につけられる

予防歯科に必要な、「◯◯にならないために◯◯をする」という考え方が自然と身につくだけでなく、定期的に通う中で毎日のケアも正しい知識を持って行うことができるようになっていきます。

3.異常があった場合にすぐ対処できる

定期的に通うことで変化に気がつきやすくなり、異常があってもすぐに対応ができます。痛みなどがなく、進行してしまってからでないと症状に気が付きにくい歯周病なども、プロの目で判断してもらえることで手遅れにならずにすみます。

4.生涯歯を健康に保てる確率が上がる

定期的に歯医者に通っていることで問題にすぐ対処できるだけでなく、虫歯・歯周病などのリスクを減らして健康な歯を保つ可能性を高めてくれます。

矯正歯科とは?

予防歯科とは違いますが、歯の健康を保つために必要なのが矯正歯科という考え方です。かみ合わせが悪い・歯並びが悪い状態をキレイなかみ合わせと歯並びにする治療のことを指します。

かみ合わせが悪いことで生まれるデメリット

かみ合わせが悪い状態を放置すると下記のようなデメリットが生じます。

  • 顎自体に負担がかかる
    かみ合わせがきちんとしない状態で噛むと、正しい形で顎がはまっていないためその都度負担をかけることになります。最大100kgともいわれる噛む力がそのまま顎に伝わってしまうわけですから、大きな負担がかかるのは明白です。その状態をずっと続けていけば、いつか関節が壊れてしまう可能性もあることを考えると、矯正の必要性をおわかりいただけるのではないでしょうか。
  • きちんと咀嚼できない
    かみ合わせがきちんとできていないということは食べ物をきちんと咀嚼することができず、胃や腸に負担をかけることになります。人間は咀嚼することで食べ物を吸収しやすくしていますので、きちんと咀嚼ができないとなると、食べ物が大きい状態のまま消化器官に落ちていきます。すると、胃で消化をする際、腸で吸収する際にも食べ物を溶かす必要が出てきます。

そうなるときちんと咀嚼できているときに比べ、胃や腸に負担をかけ続けることとなるのです。長年働いてくれる消化器官に負担をかければ体によくないことはわかりますね。また、咀嚼が少ないことで、脳への刺激が少なくなり老化が進みやすくなることも大きな影響といえます。

  • 怪我をしやすい
    かみ合わせが悪い場合、上下どちらかの顎が出ていれば転倒した際にぶつけやすくなります。口が閉じられないかみ合わせの場合は歯を折る、顎を強打するなどの問題が起こりやすくなります。
  • 顎関節症や言葉が発音しづらいなどの問題が発生しやすくなる
  • 審美的な問題がある
    こういった実用的な場面だけでなく、かみ合わせが悪いことは審美的な観点でも気にかかる点があります。美しい横顔を作るのは、鼻と顎を結んだラインから口が出ないことが条件とされていますが、かみ合わせが悪い場合は口の部分が飛び出てしまう可能性もあります。かみ合わせを矯正することで、美しい顔のラインに近づけることも可能になります。
歯並びが悪いことで生まれるデメリット

次に、歯並びが悪いと下記のようなデメリットも生じます。

  • 歯磨きがしにくい
    歯並びが悪い場合、歯ブラシが届かず丁寧にブラッシングしたとしても、汚れを落としきれないことがよくあります。しかし、歯並びが良い場合は丁寧にブラッシングすれば汚れが落とせますので、予防歯科の観点からも歯並びを良くするメリットは大きいといえるのです。
  • 口臭の原因となる
    汚れとなる歯垢が落とせなければ、口の中に雑菌が発生しやすくなり口臭の原因となります。また、歯並びが悪いことで人と接するときに自信が持てなくなることも。どちらの面を考えても、きちんとした歯並びに矯正することが大切です。
  • 虫歯や歯周病になりやすい
    歯磨きがしにくい歯並びの場合、汚れが取り切れない状態をずっと続けることになりますので、虫歯や歯周病になる確率もグンと上がってしまいます。これらのデメリットを歯・顎の矯正を行うことでなくしていくという考え方が矯正歯科の考え方です。

予防歯科や矯正歯科の考えを身につけ、生涯健康な歯を保とう!

予防歯科と矯正歯科両方に共通しているのは、どちらも「問題が起こる前に処置をして、病気未然に防ぐこと」という考え方。気が付かない間に虫歯や歯周病が進行して、歯を失ってしまってからでは遅いのです。定期的にプロに見てもらうこと、そしてメンテナンスがしやすい口腔環境を保つことが何より大切だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

あなたも予防歯科・矯正歯科の考え方を身につけて、健康的な歯で生涯楽しく過ごせるようにしてみてはいかがでしょうか。