矯正を考えたときに、痛いのが嫌だと感じる方も多いのではないでしょうか。痛みの少ない歯科矯正を調べていく過程で、インビザラインを検討しようかなと考えている方もいらっしゃるはず。そこで実際にインビザラインで矯正された当院の患者様の声をご紹介しながら、インビザラインは実際痛いのか?それとも痛みの少ない歯科矯正なのかを解説します。

インビザラインは痛い?

近年目立ちにくい歯科矯正の種類として注目されている、インビザライン。透明で他の人から気づかれにくく、ワイヤー矯正と同等の期間で矯正ができ、取り外し可能で食べ物が挟まる心配もありません。

そのため、「歯科矯正にまつわるいろいろな悩みを解消してくれそう」と、歯科矯正治療で当院にお越しの患者様の中でも、インビザラインを希望する方が増えてきています。

歯科矯正は歯を動かしていく性質上、どうしても痛みが出やすいという特徴があります。見えている歯の倍以上の長さがあることも多い歯の根っこ部分を動かすため、大きな力が必要です。もちろん痛みが出にくいよう、また歯根や顎の骨に負担がかからないように1ヶ月に1mm程度しか動かさないのですが、それでも痛みを感じる方がいらっしゃいます。

歯科矯正の方法、どのくらい歯を動かすのか、個人の痛みの感じ方などの組み合わせによって患者様が感じる痛みの強さは異なるため、一概にこのくらいの痛みだと説明するのは難しいです。

ただ、できるだけ痛みの少ない歯科矯正方法を選びたいという方のために、インビザラインが痛みの少ない歯科矯正といわれる理由をご紹介します。

インビザラインが痛みの少ない歯科矯正といわれる理由

誰でも一度は見たことのある歯科矯正方法であるワイヤー矯正と、インビザラインの歯科矯正構造を比べてみます。ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる小さな器具を歯の表面に接着し、それにワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かすという構造です。1ヶ月に1度程度ワイヤーの動かす方向を調整して、歯の動きを調整していきます。

対してインビザラインは、何十枚もの少しずつ形の違うマウスピースを作って、1つを装着して歯が動いたら次のマウスピースへと一定期間ごとに入れ替えていくという方法を取っています。

ワイヤー矯正はブラケットをワイヤーで引っ張る矯正、インビザラインはマウスピースで歯全体を押していく矯正方法です。ある意味ワイヤー矯正は「点」、インビザラインは「面」でアプローチする矯正方法といえるでしょう。インビザラインは「面」で矯正していくため、圧力が分散されて痛みが出にくいのではといわれています。

インビザラインはすべての歯に均等に力をかけやすいから痛みが少ないと言われてます。インビザラインが面、ワイヤー矯正が点ということは、ワイヤーは力のガタツキが多い部分に力が一極集中しやすいということ、これと対してインビザラインは力が一極集中しずらいので痛みが出にくいという要素があります。

全体矯正なら2~3年程度かかるわけですから、その間中痛いと感じることが多いと食べること、話すことなど口を動かすことがおっくうに感じる可能性もあります。できるだけ痛みの少ない歯科矯正方法を選び、日常生活を快適に送れることが患者様にとっても重要です。

当院の患者様はインビザラインの矯正中、痛いと感じることはあまりないとおっしゃることが多いです。もちろん最初の1~2週間程度はじんわりと痛い、違和感があるなどの意見はお聞きしますが、痛いから口を動かしたくない、話がしづらいという声はあまり聞きません。但し、食事の際に痛いのは矯正ではよくある話です。

矯正治療中、ずっと痛いという意見はほぼなく、「食事のときに外せるから、これまでと変わりなく食事が楽しめる」、「装着前にはもちろん歯磨きしなければならないが、矯正器具を外して食べられるのが嬉しい」という声が多いです。

誰でも一度は見たことのある歯科矯正方法であるワイヤー矯正と、インビザラインの歯科矯正構造を比べてみます。ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる小さな器具を歯の表面に接着し、それにワイヤーを通して引っ張ることで歯を動かすという構造です。1ヶ月に1度程度ワイヤーの動かす方向を調整して、歯の動きを調整していきます。

対してインビザラインは、何十枚もの少しずつ形の違うマウスピースを作って、1つを装着して歯が動いたら次のマウスピースへと一定期間ごとに入れ替えていくという方法を取っています。

ワイヤー矯正はブラケットをワイヤーで引っ張る矯正、インビザラインはマウスピースで歯全体を押していく矯正方法です。ある意味ワイヤー矯正は「点」、インビザラインは「面」でアプローチする矯正方法といえるでしょう。インビザラインは「面」で矯正していくため、圧力が分散されて痛みが出にくいのではといわれています。

インビザラインはすべての歯に均等に力をかけやすいから痛みが少ないと言われてます。インビザラインが面、ワイヤー矯正が点ということは、ワイヤーは力のガタツキが多い部分に力が一極集中しやすいということ、これと対してインビザラインは力が一極集中しずらいので痛みが出にくいという要素があります。

全体矯正なら2~3年程度かかるわけですから、その間中痛いと感じることが多いと食べること、話すことなど口を動かすことがおっくうに感じる可能性もあります。できるだけ痛みの少ない歯科矯正方法を選び、日常生活を快適に送れることが患者様にとっても重要です。

当院の患者様はインビザラインの矯正中、痛いと感じることはあまりないとおっしゃることが多いです。もちろん最初の1~2週間程度はじんわりと痛い、違和感があるなどの意見はお聞きしますが、痛いから口を動かしたくない、話がしづらいという声はあまり聞きません。但し、食事の際に痛いのは矯正ではよくある話です。

矯正治療中、ずっと痛いという意見はほぼなく、「食事のときに外せるから、これまでと変わりなく食事が楽しめる」、「装着前にはもちろん歯磨きしなければならないが、矯正器具を外して食べられるのが嬉しい」という声が多いです。

当院の矯正治療に対する考え方

当院では、患者様のQOL(Quality Of Life)を上げられる矯正方法をご提案することを心がけているため、痛みの少ない矯正方法としてインビザラインをご提案することも多いです。痛みに弱い方にとっては「痛みの少ない矯正ができること=矯正中であってもこれまで通り快適な日常生活が送れる」ということだと考えているからです。

もちろんワイヤー矯正でないと患者様が希望される歯並びに近づけない場合、あるいは患者様自身でアライナーの管理が難しい場合などもありますので、そのメリット・デメリットを両方お伝えして患者様に選んでいただいています。

見た目の目立ちにくさ、痛みの少ない矯正方法、あるいは痛みよりも矯正期間が早く終わることを望まれる患者様もいらっしゃいます。当院ではどの優先順位が高いのか、カウンセリングを通じて把握し、患者様に満足いただける矯正治療をお届けすることを心がけて治療に取り組んでいます。

矯正方法を決定する前には、痛みの程度・期間の長さ・取り外しの可否など何を重視するかを検討されることをおすすめします。カウンセリング等で歯科医からの話を聞いてから優先順位を決め、ご自分がより快適に日常生活を送れる歯科矯正方法を選び、最高の形で矯正できるようぜひ検討されてみてください。