歯周病とは何か?

まず歯周病がどうやって始まるのか、その進行についてご紹介していきます。

1.歯肉炎

まず、歯と歯茎の間に歯垢がたまります。そこから細菌が毒素を出すことによって、歯茎が炎症を起こします。たまにブラッシングする際に出血するなどの症状があります。

2.軽度歯周炎

歯と歯茎の間に隙間(歯周ポケット)ができて深くなり、そこに歯周病菌が入ることで炎症を起こして歯茎を腫れさせるだけでなく、歯槽骨(歯を支えている骨)が溶かされはじめます。痛みがなく、自覚症状を持つ人はほとんどいません。

「歯茎が下がったな」あるいは「歯が長くなった?」と感じたらこの状態になっている可能性が高いです。

3.中度歯周炎

歯茎はさらに状況が悪化し、歯周ポケットはさらに深くなっていき歯槽骨もどんどん溶けていくため歯のグラつきを感じます。この頃になると、炎症から膿を出すようになってくるため、非常に強い口臭を放つようになります。食事の間も食べにくさを感じるようになります。

4.重度歯周炎

さらに進行すると顎の骨がほぼなくなり、歯がとれそうなほどぐらつくようになります。治療せずにそのまま放置することで、歯が抜けてしまいます。抜ける直前であっても痛みが激しく食事もままならなくなります。

このように歯周病が進行していき、歯全体がぐらつくようになると治療がかなり困難になります。また、歯周病になってしまうと、妊娠時のトラブルや脳血管疾患、心臓疾患、腎炎など、他の病気の引き金となることや、病気を悪化させることにもつながります。気づきにくい病気ではありますが、早い段階でこの状況に気づき、正しくブラッシングできるようになると、歯周病を改善することができます。

歯周病には歯ブラシ1本で対抗できる!

そんなに恐ろしい歯周病ですが、実は歯ブラシ1本で対抗することができるのはご存じでしょうか。対抗するためには磨き方をしっかり身に付けることが大切です。

◯用意するもの

・やわらかい~普通の硬さの毛先が細い歯ブラシ

深い歯周ポケットができている場合はやわらかいもの、歯肉炎程度でそこまで歯周ポケットが深くない場合は普通の硬さの歯ブラシにしましょう。診断については歯医者で聞くのが1番ですが、まだ行っていなくでわからない場合は歯が以前よりも長くなったと感じるならば歯周ポケットが深いと考えて対応してみてください。

できれば、歯の磨き方を歯医者で指導してもらえるようにお願いし、正しい磨き方を身に付けるようにしましょう。

◯磨き方

歯周病を改善できる磨き方についてご紹介していきます。研磨剤の入った歯磨き粉を使わずに磨くようにしましょう。歯磨き粉をつけると磨き残しがあってもスッキリしたような錯覚に陥ることがあります。

・鉛筆のように歯ブラシを握る

まずは力が入りすぎないように鉛筆のように歯ブラシを握りましょう。力を入れすぎると酸で弱ったエナメル質を削り取ってしまう可能性があります。

・45度の角度で歯と歯茎の境目に当てる

歯に対して45度の角度に構え、境目に軽く当てるようにします。

・小刻みに動かして歯と歯茎の間を磨く

震えているくらいの小刻みに動かしながら、歯と歯茎の間にたまりがちな歯垢をとり、さらに歯と歯茎の間の歯周ポケットに入れて汚れをかきだすようにして磨いていきましょう。撫でるような強さでOKです。1歯に10秒ほどかけて移動していきましょう。右上の奥歯から前歯、左上から前歯へ、右下の奥歯から前歯、左下から前歯へという流れを作って磨くと磨き残しが出にくいです。

犬歯のあたりはカーブがあるため磨き残しが出やすく、上の奥歯の裏、前歯の裏なども歯ブラシを入れにくいため磨きにくいという特徴があります。また、口が小さい、あるいは顎が細い方は特に奥歯に歯ブラシが届きにくいですので、きちんと奥歯に到達しているか注意して磨いてください。

何かをしながらではなく、集中して歯磨きをすることで磨き忘れ、磨き残しを大幅に減らすことができるはず。

自分で磨き残しがあるかわからない場合は、磨き残しをチェックできる色素などを購入してチェックするのがよいでしょう。

・歯と歯の間はフロスや歯間ブラシで磨く

歯と歯茎の間が磨けたとしても、歯と歯の間にも歯垢が詰まっていることが多いです。歯と歯の間は硬いため、歯ブラシでは届きませんので、フロスあるいは歯間に隙間が見えるようであれば歯間ブラシを入れて歯垢をかきだすようにしましょう。

水流で歯垢を飛ばしてくれる口腔洗浄機もありますので、あわせて使ってみると磨き残しをさらに減らすことができるはずです。

歯周病は歯ブラシ1本で対策できる!

恐ろしい歯周病であっても、毎日のケアをしっかりやっていれば歯ブラシ1本でも改善することができます。正しい磨き方を知り、実践することで歯を失う恐ろしい病気を撃退していきましょう。いつまでも健康的な口腔環境を保つのは、あなたの心がけ次第ですよ。