あなたは日本の矯正治療の認識と、取り入れている技術が海外に比べてどの程度なのかご存じでしょうか?最近では芸能人が八重歯を直したということや、悪い歯並びを矯正していることが目立つようになり、徐々に一般的に浸透しつつあります。

海外の矯正治療の認識と、取り入れている技術を知ることで、日本との認識の違いを知ってみましょう。医療の進歩で寿命が長くなっても歯がなければ健康に食べ、運動することができません。生き生きとした生活を手に入れるためにもまず知識を身につけておきましょう。

日本と海外では矯正治療の認識が違う?

日本人は海外に比べて「八重歯がかわいい」と認識されるなど、キレイな歯並びが圧倒的に良いとはされていないのが現状です。矯正するのは子供のうちで、あまり生活に支障がないようであれば、矯正するほどではないという認識を持っている方も多いのではないでしょうか。

また、歯医者に行くのも「何かがあってから」というケースが多く、頻繁に通うという認識を持った方がまだまだ少ないのも現状です。

しかし、海外ではその認識が大きく異なっていますので、ご紹介していきましょう。

海外と日本の矯正治療の認識と現状

海外特にアメリカなどは、矯正して歯並びをキレイにするのが当たり前という文化を持っています。日本でかわいいとされる八重歯を見せると、「ドラキュラのようだ」という反応を示す方もいるそうです。八重歯を見ると「なぜ歯列矯正をしないのか、この歯並びで歯列矯正しないなんて信じられない」という意見が多数聞かれます。

アメリカでは歯並びが悪い方の方が少なく、しっかり歯列矯正を行っている方が多いことに気がつくでしょう。むしろ歯並びが悪いと「貧しくて歯列矯正もできない家庭」とみなされることが多いといわれています。つまり、キレイな歯並びでないということは、貧しいことの象徴という認識があるのです。国によって大きく認識が異なることをご理解いただけたのではないでしょうか。

アメリカや欧米諸国などでは、ハグやキスなど人との距離を近く取る文化があります。そのため、歯並びや口臭に対する意識が高まりやすい環境であることも影響しているのかもしれません。近寄ったときに気になる、口臭が出ないようなメンテナンスのしやすい口腔環境を整えるにはキレイな歯並びが必要という認識も手伝っているのでしょう。また、歯列矯正が医療保険の対象となっていることも大きな理由といえます。

さらに歯科医院ではマウスウォッシュやフロスを使った歯磨きをするのが当たり前だと指導するため、国民にもその認識が広がりやすかったということも影響しているでしょう。

対して日本では虫歯のときにだけ歯医者に言って処置をしてもらう、歯列矯正には保険が降りず、自由診療となるなど、一般的に馴染みにくい状態が続いてきました。保険が降りないため、矯正をするとなると、100万円単位で◯年とかかり時間もお金もかかるの治療として知られています。子供1人に100万円かかるとなると、十分に矯正にお金をかけようと考える家庭も少なくなってしまうことが理解できますね。最近では比較的安価な矯正技術も入ってきていますが、そ海外のものが10年程度遅れて輸入されてくるような差が存在しています。

つまり、日本では保険が降りないため多額なお金をかけてやるほどではないと考えて、あまり気にしない方が多かった可能性も考えられるのです。しかし、最近では徐々に海外の考え方が輸入されてきているため、気にする方も増え大人になって矯正をする方も増えてきたというのが現状です。

海外の矯正技術について

日本に比べ、歯列矯正をすることが当たり前という認識が多い海外では、幅広い地域で矯正技術が進んでいます。ワイヤーをつけて行う矯正以外に、透明なマウスピースで目立たないように矯正ができるマウスピース矯正も展開されています。また、マウスピース矯正では通常矯正できないといわれている範囲の難易度の高い矯正であっても、マウスピース矯正で対応可能にしている症例がたくさん存在します。

日本では先ほど述べた通り、歯列矯正があまり一般的ではなかったためごく最近マウスピース矯正が一般的に知られるようになってきました。

最近海外から輸入されてきた「インビザライン」というマウスピース矯正も、海外から輸入されてきた矯正技術です。

マウスピース矯正の矯正技術について

マウスピース矯正やインビザライン矯正はワイヤー型の矯正とは異なる技術のため、新たな知識や技術を学ぶ必要があります。インビザライン矯正はコンピューターを使って矯正計画を立て、マウスピースで歯全体に圧力をかけて動かしていきます。歯が計画通りに動いたら次のマウスピースをつけ、さらに動かしていくという手法をとるのです。

最初に描いた計画通りに進めていくため、歯型を取るのは最初の1回だけでOKなど、患者の負担にもなりにくいのが特徴です。

日本にはマウスピース矯正やインビザライン矯正が伝わって間もないですが、日本の歯科医師も海外に赴き、技術を身につけて帰ってくる方もいます。ただ、日本にはまだマウスピース矯正やインビザライン矯正を行っている歯科医院が全国に豊富にあるわけではありませんし、技術が古いままの歯科医院も存在すると考えられます。

そのため、それぞれの歯科医師が持っている技術にも、ばらつきがあるとも予想できます。矯正をするのであれば費用だけでなく期間や難易度の高い矯正を行っているかどうかもチェックしておきましょう。

矯正技術をしっかり持っている歯科で矯正を行いましょう

矯正技術次第で、矯正の期間や仕上がりも大きく異なります。特に日本では矯正が一般的ではないため、どのくらい時間とお金がかかるのかわかっていない方も多いです。ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも、難易度の高い矯正を比較的短期間で完了・定着させている事例や症例自体がたくさんある歯科医院を選ぶようにしましょう。それによって、あなたの歯の健康は生涯保ちやすくなるはずです。