人によっては何度も経験したことのある虫歯。何もしていないのに歯の痛みがあることで、気がつく方も多いのではないでしょうか。放っておくと痛みがどんどん増していき、最終的には神経を抜くなんて大掛かりな処置や歯を失うことも。

大切な歯を守るためにも、虫歯にならない健康的な歯のお手入れ方法を学んでいきましょう。

虫歯とはどんな状態?

人間の体の中で1番硬い「歯」。そんな歯がどのような構造をしているかをしっておきしょう。歯はエナメル質、象牙質、セメント質という3層で構成されています。

エナメル質は歯の表面部分、セメント質は歯の根っこ部分、それ以外が象牙質というつくりです。食事のたびに歯の表面にいる虫歯菌が酸性物質を出し、硬いエナメル質を溶かしていきます。柔らかくなった部分が「虫歯」と呼ばれる部分です。

虫歯菌は放っておくと、どんどんその柔らかくなった部分を広げていきます。進行度はC0~C4まで。C4まで進んでしまうと根っこしか残っていないため、歯を抜くか歯の歯茎より出ている部分を作ってかぶせることが必要になります。

痛みの度合いはC4まで来るとなくなりますが、それまでは水やお湯でしみる、何をしていてもずっと痛みがあるという段階を経て進行していきます。「ちょっと痛いかも?」と思う段階で歯医者に行けば、樹脂で簡単に穴を塞ぐことができ、1回で治療を終えることが可能です。

それ以上に進行すると、さまざまな処置や痛みを伴う治療をすることになりますから、注意しましょう。

虫歯にはどんなデメリットがあるか

  • ずっと痛みがある
    虫歯はいくら歯を磨いても治療するまで、歯の表面がなくなる程進行するまで痛みがずっとつきまといます。人間の大抵の不調は寝ることで少々は回復を見せるのですが、虫歯は何をしていても、時間が経過すれば進行するという特徴があります。

表面に出ている歯がなくなる段階C4まで進行すれば、痛みを感じにくいということもありますが、その段階までくると他の処置が必要となります。

  • 食事や飲み物が楽しめない
    水やお湯でしみてしまうため、味のついたものや水よりも冷たいデザートなどを食べたときにもしみてしまいます。どこかに出かけて食事をしたとしても、痛みで食事が楽しめなくなってしまうのです。
    せっかくの機会を虫歯に邪魔されてしまうのも、大きなデメリットといえます。

 

  • 代わりの歯をつくる必要がある
    表面に出ている歯がなくなってしまった場合、代わりとなる歯を作らなくてはなりません。C4まで進行すると歯の根っこ部分のみとなっているため、咀嚼ができません。健康的に過ごせるようになるためにも、代わりの歯が必要となります。
    また、そのための処置や歯ができあがるまで仮歯を入れる対応、不具合がないかのメンテナンスなどにいかなければなりません。
  • 神経を抜く処置が必要になる
    歯の痛みで日常生活に支障をきたしている場合、神経を抜くという提案をされることがあります。具体的には血管や神経が通っている、「歯髄」と呼ばれる部分を歯に穴を開けて取り出すという処置です。
    歯髄は歯に栄養を与える・歯を守ってくれるという働きをもっているため、取り除いてしまう前に抜くメリット・デメリットを知っておくことが重要です。
    メリットとしては痛みがなくなる、進行を食い止めることができること。デメリットは歯に栄養が行き届かないため、歯の寿命が短くなる、歯の色が変色する、歯髄部分に菌が入った場合は痛みが出る可能性もあります。また、治療期間と費用がかさむことも挙げられます。
  • 歯を抜く処置が必要になる
    最悪の場合、歯を抜かなければならない場合もあります。その場合は、インプラント、部分入れ歯、ブリッジなどの選択肢がありますが、費用が高い・メンテナンス費用がかかる・インプラント以外は他の歯にも大きな負担がかかることが挙げられます。
    このように虫歯を放っておくと、さまざまな弊害が起きてくることがおわかりいただけたところで虫歯にならない健康的な歯のお手入れ方法をご紹介していきます。

虫歯にならない健康的な歯のお手入れ方法とは?

    • 歯磨きをする
      まずは歯磨きが重要です。食事が栄養になるのは虫歯菌も同じですから、それを取り除く歯磨きはとても大切。食べた後、少し経ってから歯磨きを行ってください。
    • 歯間ブラシ
      若いとあまり歯間ブラシが入っていかないこともありますが、歯間ブラシが使えるようであればぜひ使って歯の間の歯垢などを落としていきましょう。歯磨きでも取り切れない汚れもありますので、歯間ブラシでその量を減らしましょう。
    • 間食を控える
      口に物を入れる回数が多ければ多いほど虫歯菌に栄養を与えることになります。間食を控えれば虫歯になる確率も減らすことができますので、注意してみてください。
    • お菓子は1つに留める
      もし間食をする場合でもお菓子は1つに留めておきましょう。何種類も食べるのはおすすめできません。
  • 定期的に歯医者でメンテナンスをする
    歯磨き・歯間ブラシなどを行ったとしても、取り切れない汚れは存在します。歯石や取り切れていない汚れを定期的に歯医者に行って取ってもらいましょう。

虫歯のない健康的な歯を手に入れよう!

少しでも歯に痛みを感じたら、自己判断せずすぐに歯医者に行きましょう。そして、毎日のケアと定期的なメンテナンスを行えば、歯の寿命も長くなるはず。いつまでも食事を楽しみ笑顔でいられる、虫歯のない健康的な歯を手に入れましょう。